CVT エクセレンスプラットホーム

CVTでは、どんなビジネス領域でもどんなタイプの会社でも使用でき、操業能力の評価・変革を可能にする使いやすいテクノロジーを開発しています。

その中心には、エクセレンスプラットホームと呼ばれる管理用プラットフォームと、機能やビジネスの目標に合わせて選択できる膨大な数のビジネスモジュールからなるライブラリーがあります。CVTツールは、今まで以上に迅速な事業パフォーマンスの改善を可能にする上、改善過程に明確な方向性を与え、透明性を高めます。

成り立ち

始まりは2009年。CVTは二人の業界エキスパート、グレゴリー・J・スミスとサンジュリン・ステッドによって考案されました。ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学時代からビジネス理論に浸透し、世界的なブルーチップ会社の発展戦略の考案と実行を経験している二人は、他も羨むスキルの組み合わせを持っています。スミスとステッドが前々から気付いていたことは、ビジネス成長が長続きするために鍵となるのは、オペレーション(操業)上で競争相手を追い抜くことでした。

二人は、プロのサービス事務所の生半可なアイデアに足を取られ、いまいち痒い所に手が届かないソフトウェアと奮闘し、通常のサポート源にうんざりしていました。その反面、論理的な方法を洗練して実例に適用することで、傑出した結果を達成できるということを発見しました。二つの複雑なプロセスをもっと簡単かつ管理しやすくできると気がついた時は、ひらめきの瞬間でした。

F一つは、オペレーションの優秀さによって競争上最高の利点を達成するというプロセス、もう一つは巷に出回る豊富な知識・情報・データを理解し活用するというプロセスであります。エクセレンスプラットフォームは、このようにして画期的なビジネスモジュール構造を備えて産まれました。この革新的でプロセス志向のプラットフォームは、ありがちな推測作業を取り除き、ビジネスパフォーマンス改良の謎を明かします。ビジネスオペレーションを隅から隅まで改革化するのです。

理由はここに

私たちは、企業DNAに最前慣行という遺伝子を埋め込みたいという思いから、エクセレンスプラットフォームという革命的なビジネスプラットフォームを作成し、そのノウハウをモジュール化しました。これによって、最小条件の行動変更でビジネス変革をもたらすことができるのです。

オペレーション成功への道

組織の多くは、オペレーション上の問題解決を直感と乏しいデータというはかない組み合わせに頼っています。このプロセスは、性質上プロアクティブ(先読み対応型)では無く、リアクティブ(事態対応型)になってしまいます。オペレーション上の弱点が気付かないことが多く、問題分析、解決法を推薦するためのコンサルタンシーに多くの時間を要します。

ユニークな発明

CVTは、当て推量の要らない、計画化、変革、ビジネスオペレーションの評価ができる革新的なホストプラットフォーム、エクセレンスプラットフォームの作成に踏み出しました。完全に実行可能なオペレーション啓蒙化への道をユーザーに提供致します。

ミッション

競争相手の一歩先に出て、要求の高いビジネスゴールを達成するために企業に必要なのは、高質のオペレーション上の能力(ケイパビリティ)を育てるための明確で構造化された方法であると、CVTは理解しています。これは会社存続に欠かせないこともありますが、必要な変更事項を確認し、それをビジネスの中にしっかりと実際の慣行として埋め込むことに苦労する企業が多いのです。CVTの使命は、組織や個人が競争力の高い能力(ケイパビリティ)を素早く伸ばし、高価なコンサルタンシーや長々と続くトレーニングを必要とすること無く、オペレーション上の優秀さによって難しいビジネスゴールを達成できるようになる使いやすいツールを供給することであります。